×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

THE『マスコミ就職』。業界内部への潜り込み方と年収を明かす・・。マスコミ志願者は求人募集情報を見る前に必読!

マスコミ就職・業界への潜り込み方! マスコミ就職希望者・業界内部に潜り込みたい人必見!求人募集を見る前に!
   リクナビNEXT
   マスコミ就職目指すなら
    まずはエントリー
テレビ業界 マスコミ就職・年収大公開

  『カメラマン』とは?カメラマン求人募集を見る前に必読

 カメラマンとは撮影とも呼ばれ、映像を収めるプロフェッショナルです。

 カメラマンは撮影を淡々とこなすだけと思われがちだがそうではない。カメラマンには高性能カメラを調整して準備したり番組ジャンルにあった撮影テクニックを持っていなければ勤まらない。

 それにディレクターの意図した画を取れるように柔軟な判断が出来、演者との息を合わせる遊び心やセンスも必要になる。

 最近では高性能かつ誰でも操作できる簡単なカメラ機材が増え、比較的容易にカメラマンの仲間入りが出来るようになったとはいえ、多くはビデオ収録の機材を操作するビデオエンジニア出身で機材に精通した人物でなければならない。

 またロケなどではカメラマンの撮影した素材がすべてなので、操作ミスなどで映像が取れていなかったりしたらすべてがパーになるという責務も負うことになる。

 最近の傾向はバラエティーに特化したフレームワークを得意とする撮影集団やカメラマンなど、得意ジャンルを持つカメラマンやフリーのカメラマンが増加している。

  『カメラマン』になるためには?

 カメラマンにはテレビ局所属の人と制作会社所属の人、または技術系の会社所属の人がいます。

 テレビ局所属のカメラマンのになるためには、制作・技術職採用などに応募して難関試験を突破しなければならない。また、中途採用の場合は他の制作会社などで一定の実務経験年数があれば応募することが可能。

 制作会社所属の場合はテレビ局に比べれば難しくはないが、専門学校などで撮影について学んだ者か、ビデオエンジニアの経験があると有利と言える。もし、未経験でもいきなりカメラマンとして活躍することは難しいがカメ足と呼ばれるカメラアシスタントなどを経てなることができるので、まずはカメラアシスタント募集に応募するといい。

 カメラアシスタントとはケーブル捌きをしたりカメラ機材を運んだりと大変なことも多いがカメラマンになるためには近道である。

  『カメラマン』の年収

  年収
  『800万円程度』 (出生した場合)



 --どうすればマスコミに就職できるか?編集人が選ぶマスコミ系求人充実サイト--

  ■マスコミ就職・転職を目指すなら、エントリーしておけば断然有利な「リクナビNEXT」を利用するといいです。求人案件の数が断然多いから一番オススメです!

  □自分で求人に応募するより確実なのは、転職コンサルタントサービスを利用すること。今CMで話題のリクルートエージェントなら無料でプロのコンサルタントが日程調整や条件交渉、就職までをサポートしてくれるので一番良いところへ転職し易いです。

  また、マスコミ・クリエイティブ系の求人が豊富なのが、非公開求人が魅力の転職の新サービス【DODA】です。多くのサイトを利用し、エントリーしておくだけでも、スカウトされる可能性が高くなるほか、いい条件の情報を見つけることができるはずです。

  派遣、とりわけマスコミ派遣で探す場合は、リクナビ派遣マスコミが業界トップの情報量!

  マスコミアルバイトなら、有名サイトのWeb anたちよみフロム・エーが充実しています。他には就職関連の求人もあります。


  『私のおすすめ』
 自分で探すなら⇒ リクナビNEXT サポート・好条件なら⇒ リクルートエージェント

 
マスコミ就職・フリーランス年収公開
プロデューサー
AP
ディレクター
AD
カメラマン
放送作家
リサーチャー
編成
広報
タイムキーパー
技術
音声
デスク
美術
大道具・小道具
衣装・メイク
車両
マスコミ就職リンク

リクナビNEXT
リクルートエージェント
リクナビ派遣マスコミ
転職のDODA
Web an
フロム・エー



ラジオ業界
プロデューサー
ディレクター
AD
構成作家
DJ
ミキサー
編成
選曲
広報
マスコミ就職
PR


マスコミ就職ページの上へ
copyright2006  『マスコミ就職』 All right reserved.